ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 ER症例集III

症例32

めまいで転倒した認知症患者 (95歳・男性)

今朝6時頃からめまいが発現。また、下痢もしており、6時30分頃にトイレに行こうとしたところ転倒し後頭部をぶつけたため来院した。

【現症】
■ 既往歴
中等度の認知症
難聴著明(右はまったく聞こえない)
ADLは自立しており、配偶者と二人暮らし
■ 主訴
「頭が痛い」、「後頭部が痛い」、「前頭部が痛い」と言ったり、「おしっこがしたい」、「めまいがする」など主訴は飛ぶ。
■ 来院時バイタル
JCS 1、BP 160/90 mmHg、HR 78 /分、RR 18 /分、BT 36.3 ℃、SpO2 98 %
■ 身体所見
右側頭部に軽度挫傷あり、麻痺なし、明らかな神経学的左右差なし
眼振なし、難聴著明
起き上がろうとするとめまいが出現
戻る 次へ