ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定ER症例集III

症例16

左下腹部痛と吐気(69歳・男性)

一昨日より左下腹部痛が出現し、近医受診し抗生剤を処方されたが改善せず来院した。

【現症】
■ 既往歴
脳梗塞、後縦靭帯骨化症(OPLL)、高血圧、高脂血症
アレルギーなし
■ 来院時バイタル
意識清明、BP 180/107 mmHg、HR 88 /分(整)、RR 18 /分、BT 36.4 ℃
■ 身体所見
左下腹部痛(VAS 8)、吐気あり、便秘・下痢・血便なし
腹部所見:軽度膨満、腹壁軟、やや熱感あり、グル音亢進なし、金属音なし、全体的に圧痛あるが、左下腹部に最強点あり、反跳痛なし、陰部、鼠径部に異常所見なし、皮膚湿疹なし
直腸診:異常なし
戻る 次へ