サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

地域包括ケアシステム 課題解決スクエア

地域包括ケアシステム 課題解決スクエア

全国の市区町村で行われている地域包括ケアシステム構築の取組事例を紹介しています。
各有識者、実務家まで幅広く取材し、現状の課題を分析するとともに、先行している地域では、
課題をどう解決し、どのような連携システムの構築に至ったかを情報提供してまいります。

NEW! 最新事例(神奈川県横須賀市)

  • ●医師の参画環境の整備
    課題:在宅医療を手掛ける医師を増やすことが課題だった。
    千場純
      <横須賀市のポイント>
    • 在宅医療セミナーや在宅医同行研修で在宅医療について知ってもらう取り組みを行ったこと。
    • 在宅患者入院事前登録システムを構築し、バックベッドを確保していること。

    (取材協力:一般社団法人 横須賀市医師会 千場純副会長ほか)

  • ●医師会と行政の役割分担
    課題:横須賀市医師会と横須賀市行政がどのように連携していくのかが課題だった。
    川名理惠子
      <横須賀市のポイント>
    • 横須賀市行政と横須賀市医師会がお互いの強みを十分に理解していたこと。
    • 在宅療養連携推進にあたって、横須賀市行政と横須賀市医師会でなければできないことを明確にして協働していること。さまざまな認知症対策事業に取り組んでいること。

    (取材協力:横須賀市健康部地域医療推進課 川名理惠子課長ほか)

  • ●顔の見える関係づくり
    課題:多職種の顔の見える関係づくりに取り組むことが課題だった。
      <横須賀市のポイント>
    • 多職種合同研修会を活用して顔の見える関係づくりに取り組んでいること。
    • 訪問看護ステーションも多職種連携推進のために顔の見える関係づくりに取り組んでいること。
    嘉山征勝 島野由紀子 峯嶋恵美
    (取材協力:かもめ広場 嘉山征勝事務長、島野由紀子氏、峯嶋恵美氏ほか)

  • ●24時間365日体制チーム医療づくり
    課題:在宅医療を手掛ける診療所医師を増やし支えるためには、24 時間 365 日体制の構築が必要だった。
      <横須賀市のポイント>
    • 24 時間365日体制に欠かせない多職種連携の強化に努めていること。
    • 診診連携・病診連携を強化するための取り組みを行っていること。
    三屋公紀 阿部裕

    (取材協力:医療法人社 団北三会 三屋内科 三屋公紀院長(左)
    医療法人横浜柏堤会 よこすか浦賀病院 阿部裕院長(右)ほか)

有識者紹介