サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

地域包括ケアシステム 課題解決スクエア

地域包括ケアシステム 課題解決スクエア

全国の市区町村で行われている地域包括ケアシステム構築の取組事例を紹介しています。
各有識者、実務家まで幅広く取材し、現状の課題を分析するとともに、先行している地域では、
課題をどう解決し、どのような連携システムの構築に至ったかを情報提供してまいります。

NEW! 最新事例(山形県山辺町)

  • ●住民への啓発活動
    課題:地域包括ケアシステムに関して住民が十分に理解できていなかった。
      <山辺町のポイント>
    • 広報誌やホームページなどの情報発信が大きな効果を上げていること。
    • 開催するイベント内で工夫した取り組みを行っていること。
    藤田芳憲 寺澤健二 寺澤健二
    (取材協力:山辺町保健福祉課 髙内浩子課長兼保健福祉センター所長(左)、
    安達久博介護支援係長(中央)、
    社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部山形県済生会 山辺町地域包括支援センター 大谷瞳氏(右)ほか)

  • ●連携パスの運用(認知症施策の推進)
    課題:増加する認知症への対策に取り組む必要があった。
    長柄均
      <山辺町のポイント>
    • さまざまな認知症対策事業に取り組んでいること。
    • 認知症の早期発見が重要と捉えて、MCI検査を実施していること。。

    (取材協力:やまのべ藤田クリニック 藤田登志也院長ほか)

有識者紹介