ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

ゴーシェ病

報告する症例は臨床症例の一部を紹介したもので、すべての症例が同様な結果を示すわけではございません。

30歳代男性

臨床経過:
以前より職場の検診で肝障害を指摘されていた。20XX年発熱でA病院を受診した際に伝染性単核球症と診断された。
その後も肝障害を指摘されB病院受診。脾腫・血小板減少を認めたためC総合病院、D大学病院で精査されたが原因不明と言われた。
20XX年某日に発熱。Eクリニックを受診したが解熱せず、F病院を受診。肝障害を認めたため精査加療目的で当院紹介受診となった。
現症:
微熱の自覚症状あり
各種検査
腹部超音波検査
骨髄所見

※画像はクリック(タップ)で拡大できます。

Q 診断は?

回答する