サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定NEJM Journal Watch 老年医学/糖尿病

NEJM Journal Watchは毎月250以上の医学雑誌から最重要論文だけを厳選、それらにNEJM編集委員による要約+専門性の高いコメントが加えたニュースレターです。世界178か国で毎月50万人以上が閲覧しています。

The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINEを発行するMassachusetts Medical Society監修の
文献要約コンテンツの中から、老年医学・糖尿病に関する最新情報を毎月日本語でお届けします。
患者治療の向上と専門知識の深化に、ぜひお役立てください。

老年医学更新:

  1. パーキンソン病におけるドパミンアゴニスト:患者が自分を止められないとき[NEW]
  2. アミロイドイメージング:日常診療における臨床的有用性[NEW]
  3. ゾルピデムは安全でない可能性のある使われ方をされていることが多い[NEW]
  4. 高齢糖尿病患者における血糖管理は厳格すぎる?[NEW]
  5. 抗コリン薬の使用は認知症のリスクをもたらしうる
  6. REM睡眠行動障害とパーキンソン病との関連に関するさらなるエビデンス
  7. 抗TNF薬はパーキンソン病のリスクを低下させることができるか?
  8. 超高齢者の健康的な血圧とは?
  9. 糖尿病とパーキンソン病との関連
  10. 高齢患者の透析に関する腎臓専門医の視点
”老年医学„の全文献を見る

糖尿病更新:

  1. 中等度の腎疾患を有する糖尿病患者でメトホルミンはアシドーシスと関連しない[NEW]
  2. 仕事のストレスは死亡と関連する ― 心血管代謝疾患を有する男性に限ってではあるが[NEW]
  3. 血糖コントロールと術後死亡率
  4. 人工膵臓による治療で1型糖尿病の血糖コントロールが改善する
  5. 糖尿病患者の全死亡率と血管関連死亡率は低下しつつある
  6. DPP-4阻害薬は炎症性腸疾患と関連している可能性がある
  7. 腎機能障害を伴う2型糖尿病に対するメトホルミン単剤療法とスルホニル尿素単剤療法の比較
  8. 2型糖尿病の患者においてSGLT2阻害薬とGLP-1受容体作動薬は生命予後改善に有益である
  9. カナグリフロジンとSGLT-2阻害薬以外の糖尿病治療薬の心血管転帰の比較
  10. SGLT2阻害薬の有益性はどこまで拡がるか?
”糖尿病„の全文献を見る

上に戻る

免責事項

  1. 当コンテンツは、医療関係者に対して最新の医学情報を短時間かつ効率的に提供することにより、患者治療の向上と専門的知識の深化を図ることを目的として、The New England Journal of Medicine(NEJM)を発行しているMassachusetts Medical Societyの監修のもと、NEJM編集委員を務める専門医が世界の主要な雑誌から最重要論文を選別・要約し専門的な解説を加えた ”NEJM Journal Watch„ の原文及び日本語訳を掲載したものです。当コンテンツの著作権はMassachusetts Medical Societyに帰属します。
  2. 当コンテンツは、日本語訳及び医師の監修を含め株式会社エム・シー・アイの責任において作成されたものであり、当社は、株式会社エム・シー・アイから利用許諾を受けて当コンテンツを提供しております。それゆえ、当社は当コンテンツの内容には一切関与しておらず、また、当コンテンツは特定の薬剤の処方誘引あるいは企業の営利を企図するものではありません。
  3. 当コンテンツには、本邦における未承認薬に関する情報、承認された効能・効果及び/又は用法・用量外の情報が含まれる場合がありますが、当社として未承認の医薬品又は承認外の使用を一切推奨するものではありません。また、薬剤の使用については製品の添付文書をご参照ください。
  4. 当コンテンツを使用した結果、直接、間接にかかわらず発生した不都合、不利益又は損害等について、当社は一切の責任を負うものではありません。また、当コンテンツに関するお問い合わせについても一切お受けしておりません。
  5. 当コンテンツに掲載されている論文及びそれに関連する情報については、当社もしくは当社医薬情報担当者からはご提供致しかねますので予めご了承ください。