ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

2021/6

スマートスピーカーで心拍リズムをチェック

Alexa, Is My Heartbeat Healthy?

天気予報のチェックや音楽視聴、情報検索などにAmazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーを利用する家庭は、米国では4世帯中1世帯に上る。こうした中、スマートスピーカーで心拍リズムをチェックするシステムを開発したことを、米ワシントン大学コンピューターサイエンス&エンジニアリング学部のShyamnath Gollakota氏らが、「Communications Biology」に3月9日報告した。

研究グループが報告したシステムは、コウモリが餌を見つけるときに利用する「エコロケーション(反響定位)」のように、スマートスピーカーから人間には聞こえない音波が放たれ、その反響から周囲の細かな状況を把握するというもの。システムには機械学習が組み込まれており、これにより心拍の正常・異常が判断される。その精度は、人間の呼吸と心臓の拍動による胸壁のわずかな動きを区別できるほど高いという。この技術の原理についてGollakota氏は、「動画を視聴しているときでも、あるいは複数の人が同じ部屋で話しているときでも、Alexa(Amazon Echoに搭載されているAIアシスタント)は私の声を聴き分けることができる。それと似たようなものだ」と説明する。

このシステムの利用者は、スピーカーから1~2フィート(30〜60cm)離れた場所にいる必要がある。研究グループは今回、このシステムの精度を検証するため、心房細動や心不全などの心疾患がある24人の入院患者と26人の健康な男女からスマートスピーカーと標準的な心拍のモニタリング装置(心電図)の両方で測定した心拍リズムのデータを収集して比較した。

その結果、このシステムにより、正常な心拍と不整脈の双方を、物理的な接触なしでモニタリングできることが明らかになった。健康な人たちで測定された1万2,280回の心拍において、スマートスピーカーによるR-R間隔(心室興奮から次の心室興奮までの時間、心拍間隔)を心電図での測定結果と比べたところ、絶対誤差の中央値は28ミリ秒(1,000分の28秒)以内だった。同様に、心疾患患者で測定された5,639回の心拍におけるスマートスピーカーと心電図でのR-R間隔の絶対誤差は30ミリ秒(1,000分の30秒)以内だった。

Gollakota氏は、「この研究では、心臓の移植手術を受けた患者や不整脈の患者など、さまざまな心疾患がある患者で、実際にこのシステムの精度を評価できた点が素晴らしかった」と話す。その上で、「健康な人だけでなく、実際に心疾患で入院中の人においてもこのような結果が得られたことから、この技術は極めて有望だ」としている。なお、研究グループは、自宅でくつろぎながら心臓の状態をモニタリングできるようにすることを、最終的な目標にしているという。

さらにGollakota氏は、「不整脈などの一部の心疾患は、頻繁に症状が現れるわけではない。したがって、机に置いておくだけで常に心拍のモニタリングをしてくれて、利用者に負担がかからず、触る必要もないデバイスには、かなり期待できる」と話す。また同氏は、新型コロナウイルス感染症の流行下でオンライン診療が普及したことを指摘し、「遠隔診療で患者の心臓の状態をモニタリングしたり不整脈の有無を確認するには、このようなツールがかなり有用となる可能性がある」との見方を示している。

現存する技術を使って利用者の健康管理に役立てようとする試みは、このようなスマートスピーカーのシステムだけではない。昨年、米ピュー研究所が実施した調査によると、米国人の約5人に1人がスマートウォッチを保有しており、その医療的な機能も飛躍的に増強されている。こうしたツールは一部の人々の命を救うこともあるが、余計な心配の種にもなりかねない。しかし、その精度が信頼できるものとなるなら、十分な医療保険に加入していない人や、近くに医療機関がない人でも健康状態のモニタリングが可能になり、医療格差の縮小に寄与する可能性はある。(HealthDay News 2021年3月12日)

Alexa, Is My Heartbeat Healthy?

FRIDAY, March 12, 2021 (HealthDay News) -- One in four U.S. households use smart speakers to check the weather, play music and query search engines. But a new technology may soon have folks asking, "Hey Google, how's my heart?"

Researchers from the University of Washington, Seattle, have developed a skill for Amazon Alexa and Google Home that allows the devices to check heart rhythms.

Like a bat using echolocation to hunt for food, inaudible sound waves radiate from the speaker and bounce off the surroundings before returning to the device to paint a detailed picture of the space — so detailed, in fact, that the technology can differentiate between a person breathing and her heart beating. This phenomenon is possible because your heart actually creates a tiny movement in your chest wall every time it beats.

"The question we were asking is, 'Can we transform these smart speakers into ways in which we can do medical diagnosis?'" said researcher Dr. Shyam Gollakota. He's an associate professor in the University of Washington's School of Computer Science & Engineering. "Specifically, in the study, we showed that we can use a smart speaker like an Alexa or Google Home to figure out if you have irregular heart rhythm."

For the technology to work, users must be one to two feet away from the speaker, the researchers said. They tested the accuracy of their work using 26 healthy participants and 24 hospitalized patients with heart conditions, such as atrial fibrillation and heart failure. Then, the scientists collected all participants' heart rhythms using their sound technology as well as a standard heartbeat monitor.

"This is similar to how Alexa can always find my voice even if I'm playing a video or if there are multiple people talking in the room," Gollakota explained in a statement. "When I say, 'Hey, Alexa,' the microphones are working together to find me in the room and listen to what I say next. That's basically what's happening here, but with the heartbeat."

Of the 12,300 or so heartbeats the researchers collected from the healthy individuals, the smart speaker's reported time between waves was within 28 milliseconds of the standard heart monitor. For the nearly 5,600 heartbeats collected from people with cardiac conditions, the speaker's time differed from the monitor by 30 milliseconds.

The findings were published online March 9 in the journal Communications Biology.

"I think the exciting part of the study is that we actually evaluated this with patients with cardiac conditions like heart transplants, irregular heartbeats and a variety of different heart conditions," Gollakota said. "And it was really promising that even not just for regular participants, but even people who are actually in the hospital with cardiac conditions, it was able to deliver the results. So, that's actually pretty promising."

The ultimate goal of the technology is to allow people to monitor their heart from the comfort of their homes, the study authors said.

Heart checks from the comfort of your home

"One of the things with cardiac conditions like, for example, irregular heart rhythms is that they don't appear often," Gollakota explained. "So, having a solution which is nonintrusive, contactless and it's just sitting by your desk and monitoring your heartbeat all the time, can be pretty promising," he said.

"The second advantage is that as we have seen with COVID, a lot of the [medical] practice has actually gone online to telemedicine," Gollakota added. "So, in this telemedicine set-up, if you want to monitor someone's heart conditions, or figure out if they have irregular heartbeats, a tool like this can be pretty useful to perform tests and understand how the heartbeat of the person is."

Dr. Regina Druz, chair of the American College of Cardiology's Health Care Innovation Section and Leadership Council, said the technology is innovative and likely the future of telemedicine. She could see it being effective in community homes or for chronic patients to monitor signs of clinical deterioration.

However, there could be some potential drawbacks to the concept.

"With the sicker patient populations, the technology may not show a good degree of correlation with established and well-known and widely prevalent diagnostic tools," Druz explained. "Patient populations are more diverse [than just having a single issue]. They have congestive heart failure; they have various abnormalities of heart function, both structural, functional and rhythm abnormalities that potentially could compromise how accurate this technology is."

This latest smart speaker adaptation is just one example of how existing technology is being rejiggered to try to improve the health of users. According to a survey conducted last year by the Pew Research Center, about one in five Americans have smart watches, and the medical capabilities of these devices are rapidly expanding. Fitbit CEO James Park, for example, told Axios in February that his company's product can now help detect a coronavirus infection and depression in the early stages.

While these tools can be lifesaving in some cases, they can also cause unnecessary worry. For example, a study published last fall in the Journal of the American Medical Informatics Association found that only around 10% of people who went to the doctor after receiving an abnormal pulse reading from the Apple Watch were later diagnosed with a cardiac condition.

But if technology like smart watches and smart speakers become accurate enough, they could improve health care inequities by allowing those who are uninsured or underinsured or who live far away from physicians to monitor their health without scheduling a doctor's visit.

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

2021年の医療AIレポート一覧へ
掲載内容について
本サイトは、記事コンテンツおよびサブコンテンツで構成されます。記事コンテンツにおいては、HealthDay Newsとして掲載された医療AI情報の記事をJapan編集部が翻訳して配信しています。記事の具体的な内容については、原著にて確認することをお勧めいたします。サブコンテンツにおいては、厚生労働省の「保健医療分野におけるAI活用推進懇談会」報告書から「AIの活用に向けた工程表」「健康・医療・介護・福祉分野においてAIの開発・利活用が期待できる領域」を掲載し、日本の政府の方針についてお知らせしています。本コンテンツの運営は、株式会社テクノミックが行い、武⽥薬品⼯業株式会社の関与はありません。また、本コンテンツに含まれる治療⽅法等は武⽥薬品⼯業株式会社が推奨・保証するものではありません。本コンテンツの情報に含まれる薬剤については、最新の国内添付文書でご確認ください。
著作権について
本コンテンツに掲載されている内容の無断転載・配布を固く禁じます。武田薬品工業株式会社から事前に文書による許諾を得ることなく、本コンテンツに掲載されている内容を再掲載すること、また検索システムに登録することや、電子的、機械的等、いかなる形式・方法にかかわらず、複写や記録を行うことを禁止いたします。また、本コンテンツで紹介する記事の著作権はHealthDayに帰属します。
免責事項
武田薬品工業株式会社は、本コンテンツに含まれる情報の完全さおよび正確さを保証するものではなく、その内容について一切責任を負いません。本コンテンツを利用される方々には信頼すべき情報を各自で確認されることをお勧めいたします。本コンテンツに含まれる情報は、決して、医師その他の医療従事者によるアドバイスの代わりになるものではありません。また、本コンテンツは、特定の薬剤を広告・宣伝するものではありません。