サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

本態性血小板血症

本態性血小板血症は、造血幹細胞に異常が生じて、おもに血小板が異常に増加する血液の病気です。病気が進行すると、血管内で血のかたまり(血栓)ができやすくなり、同時に血液を止める働き(止血機構)の異常も加わり出血をきたしやすくなります。多くの場合、目立った兆候がなく、定期的な血液検査で発見されることがあります。本態性血小板血症は根本的な治療法がないことから、血栓性または出血性の症状が現れることを防ぐために、増加した血小板を減少させることが治療の目標となります。

わたしのET体験談

わたしのET体験談

ET(本態性血小板血症)患者さんに聞く

血液検査で血小板が多いと言われたら

血液検査で血小板が多いと言われたら

白血球や赤血球、血小板の数の異常による病気は、目立った症状がないものも多く、適切な治療を受けないまま重症化することがあります。
このうち、血液検査値の異常が発見の手がかりとなることの多い骨髄増殖性腫瘍について、小松則夫氏にうかがいました。

動画でわかる本態性血小板血症

本態性血小板血症はどのような病態かを説明し、血栓症、出血の合併症予防に関する日常生活の留意事項を紹介しています。

製品概要

  • アグリリン カプセル0.5mg

患者さん向け指導箋

患者さん向け資料集では患者さんへの疾患の理解を深めていただくための資料並びに、弊社製品の服薬指導箋を紹介しております。
「血友病/von Willebrand病」関連冊子を
>こちらからダウンロードする」ことができます。ご利用ください。

動画ライブラリー

本態性血小板血症動画ライブラリー

本態性血小板血症領域のお役立ていただける、さまざまな動画をご紹介しています。

免責事項

  1. Medical Tribuneニュース(MTニュース)は、株式会社メディカルトリビューンの責任において作成された医療関連記事へのリンクを掲載するものです。当社はメディカルトリビューン社から利用許諾を受けてニュース記事連携をしており、当社はMTニュースの記事内容には一切関与しておりません。MTニュースは特定の薬剤の処方誘引あるいは企業の営利を企図するものではありません。
  2. MTニュース記事には、本邦における未承認薬に関する情報、承認された効能・効果及び用法・用量外の情報が含まれる場合がありますが、当社として未承認の医薬品又は承認外の使用を一切推奨するものではありません。
  3. MTニュースを使用した結果、直接、間接にかかわらず発生した不都合、不利益又は損害等について、当社は一切の責任を負うものではありません。また、MTニュースに関するお問い合わせについても一切お受けしておりません。