ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 血液の基礎知識
「リンパ節におけるリンパ球活性化の仕組み」

リンパ節におけるリンパ球活性化の仕組み

輸入リンパ管からとりこんだリンパ液は、リンパ節の皮質、傍皮質、髄質という層を通過して輸出リンパ管に送られます。リンパ節に抗原が入るとリンパ球が活性化されます2)
リンパ節の皮質内部には、多数の活性化されていない小リンパ球(B細胞)が集まって待機しています。この場所は一次濾胞(マントル帯)といいます1, 2)
病原体が侵入すると、血流かリンパ管を通って、リンパ節に入ります。また、マクロファージが能動的にリンパ節に運んでくることもあります。これが濾胞樹状細胞に提示されると、敵として認識され、抗原特異的なリンパ球活性化ボタンが入ります。するとリンパ濾胞の中心に、リンパ球の増殖が始まり、胚中心が形成されて二次濾胞になります2)
二次濾胞の周りにはヘルパーT細胞があり、サイトカインを出して他の免疫細胞を刺激したり、活性化の暴走を抑えたりします1)
一方、活性化されたB細胞は胚中心芽球→免疫芽球(濾胞外)→形質細胞に分化し、髄質に移動して抗体を分泌します。一部はメモリーB細胞になって、一次濾胞辺縁帯に存在します2)
こうした工程のどの段階で異常が起こるかによって、リンパ腫の病型が変わってきます。

参考文献

  • 1) 神田善伸. 血液病レジデントマニュアル. 第3版; 医学書院; 2019. 1-5.
  • 2) 渡邉純一. イラストで理解する みんなの血液内科学. 中外医学社; 2018. 33.

リンパ腫ノートINDEXへ戻る