ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 病理診断「未分化大細胞リンパ腫、ALK陽性型」

未分化大細胞リンパ腫、ALK陽性型(ALK陽性ALCL)1)2)

未分化大細胞リンパ腫、ALK陽性型(ALCL:anaplastic large cell lymphoma, ALK:anaplastic kinase)は、多形性の目立つ核と豊富な細胞質を有する大型リンパ球からなるT細胞リンパ腫です。
ALK遺伝子の転座とALK蛋白、CD30の発現を伴います。
治療反応性が良く、末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)の中でも比較的予後が良好な病型です。
発生頻度は、成人の非ホジキンリンパ腫の3%で、小児のリンパ腫の10〜20%を占め、30歳未満の小児、若年成人に多く発症します。リンパ節の腫れや発熱がみられますが、リンパ節以外からも発生します。

形態学的考察

腫瘍細胞はリンパ節では、びまん性に分布し、類洞浸潤像がしばしば認められます。また、血管周囲に腫瘍細胞が配列するperivascular patternが認められます。
形態学的には、核は腎臓様、勾玉様、馬蹄様と表現される多形性に富んだ特異な形態をしています。豊富な細胞質を有する大型細胞(hallmark cell)が相互接着性(cohesive)、びまん性に増殖しています(common pattern)。
腫瘍細胞の増殖は、結合性又は粘着性のこともあるため、精上皮腫、未分化癌や悪性黒色腫の転移癌との鑑別が問題となります。
背景に好中球や形質細胞浸潤を伴うことがありますが、好酸球浸潤や類上皮細胞反応はまれです。
組織学的亜型は4つに分けられます。それぞれの割合は、common patternが60%、組織球の増生が目立つLymphohistiocytic pattern(LH)が10%、不整な核を有する小型から中型の腫瘍細胞が増殖するsmall cell patternが5〜10%、結節硬化型ホジキンリンパ腫に類似したHodgkin-like patternが3%、これらの亜型が混合する場合のcomposite patternが15%です。

ALK陽性ALCL,common pattern2)

a:HE染色、b:CD30染色。リンパ節のリンパ洞、辺縁洞への浸潤が認められます。

c:HE染色、d:ALK1染色。血管腔を腫瘍細胞が直接囲むperivascular patternが認められます。

ALK陽性ALCL,common pattern1)

腎臓様あるいは勾玉様の核形を示します。核小体が目立ちません。

免疫学的表現型

CD30陽性 細胞膜とゴルジ体で陽性です。
EMA陽性

EMA(epithelial membrane antigen)は
上皮性腫瘍のマーカーである上皮膜抗原です。

T細胞系マーカー
CD3陰性(75%以上)

helperT/単球、マクロファージ、樹状細胞

CD2陽性CD5陽性CD4陽性
(70%以上)

細胞傷害性分子 granzyme B陽性TIA1陽性perforin陽性

ALK陽性

ALKは、正常組織においては脳及び末梢神経の一部の細胞に発現し、血液細胞での発現は認められないため、抗ALK抗体による免疫染色は鑑別診断に有用です。

染色体異常、遺伝子異常

ALK発現は2番染色体上に位置するALK Locusの遺伝子異常により、もたらされます。
ALK陽性は、染色体転座により異なる染色体パターンを示します。
t(2;5)(p23;q35)の染色転座が多く、それ以外に、t(1;2)(q25;p23)、inv(2)(p23;q35)などが知られています。
t(2;5)転座では核、核小体と細胞質にALK陽性像となります。
t(2;17)転座では細胞質内に微細顆粒状のALK陽性像となります。

ALK陽性ALCL

a:免疫染色でCD30/Ber-H2が陽性です。細胞膜と細胞質のゴルジ体で陽性です。
b:t(2;5)(p23;q35)転座は核、核小体と細胞質がALK陽性です。
c:t(1;2)(q25;p23)転座は細胞質のみ陽性です。

参考文献

  • 1)中村栄男、飯田真介、大島孝一、木下朝博、吉野正(編). WHO血液腫瘍分類―WHO分類2017をうまく活用するために. リンパ系腫瘍. 2018. 医薬ジャーナル社. 358-361.
  • 2)中村栄男、大島孝一、竹内賢吾、田丸淳一、中村直哉、吉野正(編). リンパ腫アトラス 第5版. 2018. 文光堂. 258-261.

リンパ腫ノートINDEXへ戻る