ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 病理診断「濾胞性リンパ腫」

濾胞性リンパ腫(FL)1)2)

濾胞性リンパ腫(FL:follicular lymphoma)は、成熟B細胞リンパ腫の中で胚中心由来のB細胞(胚中心細胞;centrocyteと胚中心芽細胞;centroblast)より構成され、少なくとも一部は濾胞性のパターンを呈するものとされています。
発生頻度は本邦の非ホジキンリンパ腫のうち10~20%を占め、代表的な低悪性度B細胞リンパ腫です。FLは、病理組織学的にGrade 1~2、3A、3Bに分類されますが、Grade 3Bは、通常、アグレッシブ(中・高悪性度)リンパ腫として治療されます。

形態学的考察

濾胞性リンパ腫は、正常リンパ球よりもやや大きい(小型から中型)くびれのあるcentrocyteと、正常リンパ球の直径の2倍以上ある大型のcentroblastより構成されます。
腫瘍細胞が大小さまざまな結節状構造を呈して密に増生する像をみとめます。正常の胚中心ではdark zone(暗調部)とlight zone(明調部)とに分かれて認められますが、濾胞性リンパ腫では、認められず、monotonous(単一)な像を呈しています。

濾胞性リンパ腫 Grade 1(弱拡大像)

大小様々な腫瘍結節が密に増生されています。正常の胚中心とは異なり結節の境界は不明瞭で、通常マントル帯は非薄化しているか又は消失しています。

濾胞性リンパ腫 Grade 1(強拡大像)

腫瘍細胞は小型から中型のcentrocyteと、大型のcentroblastより構成されます。

濾胞性リンパ腫 Grade 1(CD21染色)

腫瘍結節には濾胞樹状細胞のネットワークがみられます。

形態学的考察:grading

gradingは形態的に高倍率で観察されるcentroblastの数により分けられます。Grade1(0~5/hpf)、Grade 2(6~15/hpf)、Grade 3(15/hpfを超える)となっています。
Grade 3Aはcentrocyteも混在しており、Grade 3Bはcentrocyteは認めず、大型のimmunoblasts(免疫芽細胞)やcentroblastのシート状増生より構成されています。
濾胞性リンパ腫は組織学的にしばしばびまん化することがあります。びまん化した部分での構成細胞が大型化する(transformation)ときにはびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)としての取り扱いが重要になりますので、組織内でその割合の記載が必要となります。とりわけGrade 3の場合はDLBCLを伴うことが多いので、①DLBCL(_%)②FL、Grade 3(A or B)(_%)のように記載します。Grade 3Bでは60~80%がDLBCLを伴っています。

濾胞性リンパ腫 a.Grade 3A の強拡大像、b.Grade 3Bの強拡大像

a.Grade 3A:大型のcentroblastは15/hpf以上ですが、centrocyteも認められます。
b.Grade 3B:centrocyteの存在はなく、大型のcentroblastのシート状増生が認められます。

免疫学的表現型

B細胞系マーカー
CD19陽性CD20陽性CD79a陽性

胚中心マーカー
CD10陽性BCL6陽性
Grade 3Bでは高率にMUM1が陽性になります。

T細胞系マーカー
CD2陰性CD3陰性CD5陰性

BCL2陽性
BCL2の発現については、Grade 1~2では約10~20%の症例で陰性となります。
Grade 3では、約50%が陰性になるといわれています。

参考文献

  • 1)中村栄男、飯田真介、大島孝一、木下朝博、吉野正 (編). WHO血液腫瘍分類―WHO分類2017をうまく活用するために. リンパ系腫瘍. 2018. 医薬ジャーナル社. 250-254.
  • 2)中村栄男、大島孝一、竹内賢吾、田丸淳一、中村直哉、吉野正(著). リンパ腫アトラス 第5版. 2018. 文光堂. 123-126.

リンパ腫ノートINDEXへ戻る