ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

会員限定 うつライブラリー抗うつ薬の使い分け

知っておきたいうつ病診療

抗うつ薬の使い分け

現在国内で上市されている抗うつ薬は、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)に分けられます。これら抗うつ薬は、いずれもシナプス間隙におけるモノアミン増加作用を有しています。モノアミンにはセロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンが知られており、セロトニン増加は落ち込みや不安に関連する症状、ノルアドレナリン増加は意欲や気力に関連する症状、ドパミン増加は快楽や楽しみに関連する症状に対して効果があると考えられています1)。このことから、患者さんの症状を考慮して抗うつ薬を処方する必要があると考えられます。

以下の表に、各抗うつ薬(クラス別)の特徴をまとめました。

抗うつ薬の特徴注)
抗うつ薬 特徴
三環系
抗うつ薬
モノアミン再取り込み阻害作用により、気分を改善させる。主にノルアドレナリンの増加作用が強い薬剤が多く、抗うつ作用が強いと言われている。
四環系
抗うつ薬
シナプス間隙へのモノアミン分泌を増加させる。主にノルアドレナリンの増加作用が強い薬剤が多く、催眠を促す作用を有している薬剤が多い。
SSRI セロトニンの再取り込み阻害作用をもつ。セロトニンの増加作用を有していることから、落ち込みや不安に関連する症状を主訴とするうつ病に適している。
SNRI セロトニンとノルアドレナリンの再取り込み阻害作用をもつ。セロトニンの増加作用に加え、ノルアドレナリンの増加作用を有することから、意欲低下や無気力に関連する症状を主訴とするうつ病に適している。
NaSSA シナプス間隙へのノルアドレナリンとセロトニンの分泌を増加させる。深部催眠を促す作用を有している。
坂本 将俊:ファルマシア 7(53):663-667, 2017より作表

注)個々の薬剤の効能・効果、安全性情報などについては、添付文書をご確認ください。

1) 坂本 将俊:ファルマシア 7(53):663-667, 2017

ページトップへ