ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

ADHD Lab ADHDの病態 / ADHDが及ぼす影響 / QOLへの影響

QOLへの影響

ADHDは、患者および保護者の生活に負の影響を及ぼすことがあります。

回答者(成人患者)の自己評価に基づく日常生活への影響 〔European Lifetime Impairment Survey:英国の結果〕(海外データ)

回答者(成人患者)の自己評価に基づく日常生活への影響 〔European Lifetime Impairment Survey:英国の結果〕(海外データ) 拡大して見る
  • 成人期ADHDの患者さん89例(平均32.1歳)を対象に、ADHDが日常生活に及ぼす影響をみた英国の調査では、学業や仕事、日常生活・活動などにおいて、負の影響を及ぼす傾向にあることが示されました(図)1)

  • 欧州およびカナダにおいて、6~17歳の子どもをもつ親1,558名の新学期シーズンのストレスを調査したところ、ADHDの子どもをもつ親(715名)は、ADHDでない子どもの親(843名)と比較して、より大きなストレスを感じていることが示されました2)

  • Pitts M, et al.: Arch Psychiatr Nurs. 2015;29(1):56-63.
  • Hernández-Otero I, et al.: Int J Psychiatry Clin Pract. 2015;19(1):8-17.