ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

ADHD Lab ADHDの病態 / 疫学

疫学 監修: 福島県立矢吹病院 副院長 井上 祐紀 先生

関連情報

おすすめの講演会

2022年12月20日(火) 19:00~19:50

成人期ADHDを見逃さないために~ASRSから見えたこと・薬物療法の届け方~

演者:医療法人社団宙麦会 ひだクリニック 院長 肥田 裕久 先生

内容:精神科クリニックの喫緊の問題とはなんであろうか。統合失調症の生活支援、うつ病圏の就労支援等であろうか。

また複雑化する社会情勢、コロナ禍の影響を受けない精神科クリニックはないと思われる。

そういった日常的な臨床の中、目の前の患者に目を転じると思いもかけないことも見えてくる。それは発達障害の併存である。

どこか主病名だけでは説明のつかないことも多い。

そこで当院では外来患者にASRSを実施したところ、患者自記では併存の可能性が30%強にものぼった。つまり見過ごしていた、あるいはその目でみないとわからない事象であろうか。当日は成人期ADHDの治療意義、薬物療法の展開等も考えて行きたい。