ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

IBD ステーション潰瘍性大腸炎・クローン病

潰瘍性大腸炎分類

潰瘍性大腸炎(UC)の診断が得られたら、適切な治療介入のために活動性、病変範囲、重症度を評価します。厚生労働省の特定疾患研究班の治療指針1)では、重症度に応じた治療方針が示されています。

■ 病変の拡がりによる病型分類(図1)

全大腸炎(total colitis):病変の範囲が脾彎曲部を越えて炎症が広がっているもの1)、2)
左側大腸炎(left-sided colitis):病変の範囲が脾彎曲部を越えていないもの1)
直腸炎(proctitis):内視鏡検査により直腸S状部(RS)の口側に正常粘膜を認めるもの1)
右側あるいは区域性大腸炎(right-sided or segmental colitis):右側あるいは区域性に限局し
 た炎症2)。クローン病や大腸結核との鑑別が困難で、診断は経過観察や切除手術または剖検の結
 果を待たねばならないこともある1)

図1:病変の拡がりによる病型分類

直腸炎型

左側大腸炎型

全大腸炎型

図 図 図

前本篤男、日比紀文監修:チーム医療につなげる!IBD診療ビジュアルテキスト, 羊土社, 東京, pp.34-72, 2016

■ 病期の分類1)

活動期(active stage)

血便を訴え、内視鏡的に血管透見像の消失、易出血性、びらん、または
潰瘍などを認める状態。

寛解期(remission stage)

血便が消失し、内視鏡的には活動期の所見が消失し、血管透見像が
出現した状態。

■ 臨床的重症度による分類(表1)1)、2)

軽症(mild)

排便回数が1日4回以下で、37.5℃以上の発熱・90/分以上の頻脈・Hb10g/dL
以下の貧血がなく、赤沈が正常の状態。表の1)~6)の6項目をすべて満たすもの。

中等症(moderate)

軽症、重症の基準を満たさない中間の状態。

重症(severe)

排便回数が1日6回以上で大部分が血液の便がみられ、その他に37.5℃以上の発熱
または90/分以上の頻脈のいずれかを満たし、かつ6項目のうち4項目以上
を満たすもの。

劇症

重症の中でも特に症状が激しく重篤なもの。発症の経過により、急性劇症型と再燃劇症
型に分ける。劇症の診断基準は以下の5項目をすべて満たすもの。

 ①重症基準を満たしている。
 ②15回/日以上の血性下痢が続いている。
 ③38℃以上の持続する高熱がある。
 ④10,000/mm3以上の白血球増多がある。
 ⑤強い腹痛がある。

表1:潰瘍性大腸炎の臨床的重症度分類

重症

中等症

軽症

1) 排便回数

6回以上

重症と軽症との中間

4回以下

2) 顕血便

(+++)

(+)~(-)

3) 発熱

37.5℃以上

(-)

4) 頻脈

90/分以上

(-)

5) 貧血

Hb10g/dL 以下

(-)

6) 赤沈

30mm/h以上

正常

<注1>顕血便の判定
(−)血便なし(+)排便の半数以下でわずかに血液が付着(++)ほとんどの排便時に明らかな血液の混入(+++)大部分が血液

<注2>軽症の3)、4)、5)の(-)とは37.5℃以上の発熱がない、90/分以上の頻脈がない、Hb10g/dL以下の貧血がない、ことを示す。

<注3>重症とは1)および2)のほかに全身症状である3)または4)のいずれかを満たし、かつ6項目のうち4項目以上を満たすものとする。軽症は6項目すべて満たすものとする。

<注4>中等症は重症と軽症の中間にあたるものとする。

<注5>重症の中でも特に症状が激しく重篤なものを劇症とし、発症の経過により、急性劇症型と再燃劇症型に分ける。劇症の診断基準は以下の5項目をすべて満たすものとする。
①重症基準を満たしている。
②15回/日以上の血性下痢が続いている。
③38℃以上の持続する高熱がある。
④10,000/mm3以上の白血球増多がある。
⑤強い腹痛がある。

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」(鈴木班)平成28年度分担研究報告書 別冊:
潰瘍性大腸炎・クローン病 診断基準・治療指針 平成28年度 改訂版より引用改変

海外の臨床的重症度指標:Mayo Score2)、3)

海外の臨床試験では、Mayo Score(0〜12点)などの臨床的重症度指標が用いられます。Mayo Scoreは排便回数、血便の程度、粘膜所見、医師による全般的評価の4項目で評価します。

Mayo Score

スコア 排便回数 血便 粘膜結腸 PGA

0

正常回数(①)

血便なし

正常または非活動性所見

正常

1

①より1~2回/日多い

排便時の半数以下でわずかに血液が付着(沈殿)する

軽症(発赤、血管透見像の
減少、軽度脆弱)

軽症

2

①より3~4回/日多い

ほとんどの排便時に明らか
な血液がみられる

中等症(著明に発赤、血管
透見像の消失、脆弱、びらん)

中等症

3

①より5回/日以上多い

大部分が血液である

重症(自然出血、潰瘍)

重症

・点数は3日間の所見に基づく

・排便回数は各々の患者に正常回数を設定し、異常の程度を記録する

・日々の血便スコアは1日で最も高度な血便状態を記録する

※PGA(Physician's Global Assessment):医師による全般的評価は、他の3つの評価基準(排便回数、血便、粘膜所見)、腹部不快感、全身状態、主治医所見および患者の印象等を参考に記録する

前本篤男、日比紀文監修:チーム医療につなげる!IBD診療ビジュアルテキスト, 羊土社, 東京, pp.34-72, 2016

■ 活動期内視鏡所見による分類(図2・表2)

重症度判定は、内視鏡で観察した範囲のうち最も所見の強いところで行います1)

図2:活動期内視鏡所見による分類

イメージ

de Lange T, et al.:BMC Gastroenterol, 4:9, 2004

表2:活動期内視鏡所見による分類

炎症 内視鏡所見

軽度

血管透見像消失
粘膜細顆粒状
発赤、アフタ、小黄色点

中等度

粘膜粗ぞう、びらん、小潰瘍
易出血性(接触出血)
粘血膿性分泌物付着
その他の活動性炎症所見

強度

広汎な潰瘍
著明な自然出血

<注1>内視鏡的に観察した範囲で最も所見の強いところで診断する。内視鏡検査は前処置なしで短時間に施行し、必ずしも全大腸を観察する必要はない。

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」(鈴木班)平成28年度分担研究報告書 別冊:
潰瘍性大腸炎・クローン病 診断基準・治療指針 平成28年度 改訂版

■ 臨床経過による分類

再燃寛解型(relapse-remitting type)

再燃と寛解を繰り返すもの1)、2)

慢性持続型(chronic continuous type)

初回発作より6ヵ月以上活動期にあるもの1)

急性劇症型(急性電撃型)(acute fulminating type)

きわめて激烈な症状で発症し、中毒性巨
大結腸症、穿孔、敗血症などの合併症を
伴うことが多い1)

初回発作型(first attack type)

発作が1回だけのもの、しかし将来再燃をきたし、再燃寛解型と
なる可能性が大きい1)

引用資料

1) 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」(鈴木班)平成28年度分担研究報告書 別冊:潰瘍性大腸炎・クローン病 診断基準・治療指針 平成28年度 改訂版

2) 日比紀文監修:チーム医療につなげる! IBD診療ビジュアルテキスト, 羊土社, 東京, pp.34-72, 2016

3) NPO法人 日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)編:潰瘍性大腸炎の診療ガイド 第3版, 文光堂, 東京, pp.6-15, 2016

【監修】国立大学法人東京医科歯科大学 消化器内科 特任准教授 長堀 正和 先生