ログイン・会員登録

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

パスワードをお忘れの方はこちら

認証キーの承認をされる方はこちら

2016年1月より会員IDがメールアドレスに統一されました。

会員登録されていない方

会員限定コンテンツのご利用には、会員登録が必要です。

新規会員登録

50秒でわかる
Takeda Medical site

サイトマップお問合わせ

  • 新規会員登録
  • ログイン

IBD ステーション潰瘍性大腸炎・クローン病

クローン病病因

クローン病(CD)は遺伝的背景のある人が環境因子や腸内細菌に対し過剰な免疫反応を起こすことにより発症すると考えられていますが、病因解明には至っていません1)、2))。

■ 遺伝的素因

CDと関連する多数の遺伝子座が報告されています3)。また、罹患率に地域差や人種差があり4)、疫学調査から家族内集積があることや、一卵性双生児間の発症の一致率が二卵性双生児の一致率より高い1)ことが示されており、遺伝的素因が関与していると考えられています1)

■ 環境因子

CDの原因は解明されていませんが、ある種の食餌内容(脂肪摂取、砂糖菓子や砂糖、甘味料の摂取、不飽和脂肪酸、ビタミンEの摂取)との関連が指摘されています3)。CDにおいて栄養療法が有用であることからも、食餌抗原が関与すると考えられています1)。また、喫煙はCD発症の危険因子で、経口避妊薬の使用はCDの発症と関連し、NSAIDsは炎症性腸疾患(IBD)の増悪、発症と関連があるとされています3)

■ 腸内細菌

自然発症腸炎モデルマウスを無菌にすると腸炎を発症せず、IBDの腸管粘膜では腸内細菌叢の変化(dysbiosis)が報告されていることなどから、腸内細菌の関与はIBD発症において重要な因子と考えられています2)、5)。腸内細菌叢の変化がCDの病態においても何らかの関与をしていると考えられていますが、特定の原因微生物は同定されていません1)

図:クローン病の発症機序

図

大島茂、藤井俊光、渡辺守、田中良哉編:病態と治療戦略がみえる 免疫・アレルギー疾患イラストレイテッド, 羊土社, 東京, pp.200-205, 2013

引用資料

1) 大島茂、藤井俊光、渡辺守、田中良哉編:病態と治療戦略がみえる 免疫・アレルギー疾患イラストレイテッド, 羊土社, 東京, pp.200-205, 2013

2) 日比紀文監修:チーム医療につなげる! IBD診療ビジュアルテキスト, 羊土社, 東京, pp.34-72, 2016

3) 日本消化器病学会編:炎症性腸疾患(IBD)診療ガイドライン2016, 南江堂, 東京, pp.1-11, 2016

4) Molodecky NA, et al.:Gastroenterology, 142(1):46-54, 2012

5) 大草敏史:モダンメディア, 60(11):325-331, 2014

【監修】国立大学法人東京医科歯科大学 消化器内科 准教授 長堀 正和 先生